"The Brdg."
1167x803mm
Acrylic on Canvas
2013
ターナー色彩主催アクリルガッシュビエンナーレ2017入選作品



誰にでも無謀な挑戦をしてみたい時があると思う。

この作品の構図は作品集「ある幻想の未来」下巻の巻末に収録した写真に似せている。
この写真は1992年に働いていたフェリー上から撮影したもので、まだ建設途中のレインボーブリッジやほぼ何もないお台場のレインボータウンが見える。
空想の絵画から過去の写真に移り変わる効果を期待してこのようになった。

東京湾岸エリアに立つ50以上の超高層ビルを一つの画面に収めるべく、F50号のキャンバスを用意した。
ところが完成した作品はP50号である。完成間近で空が無駄に広いと考え、カットしたのである。
裏面に折り込まれた余った部分がその名残である。

どす黒い雲の間から覗く太陽の下で海は荒れて高くなった海面は高い波を打ち寄せる。
芝浦や海岸の大部分は沈下して倉庫やビルが傾いている。沈み欠けた太陽の下では芝
浦と台場を結ぶ東京港連絡橋―レインボーブリッジは台場側の主塔が大きく傾いて南
側のメインケーブルは途切れ、桁は中間部分で崩落。この橋に通じる高架橋も波に飲ま
れている。’92年に撮影した写真の構図に似せて、田町から浜松町までが視界に入ってい
る。現代ではお台場に建ち並んだビルの陰になってこの様な視界は得られないだろう。
浜松町の貿易センタービルは’19年に解体、再開発が予定されており、イメージパースを
参考にガラスカーテンウォールの将来の姿とした。ヤナセ本社後の再開発マンションは、
制作中にパースが発表されなかった為、三井のマンションの外観の傾向を探りつつ予測
で描かれている。東京タワー右に見える六本木3丁目の日本IBM本社跡地の再開発ビル
は、当初泉ガーデンタワーと酷似した姿になるとの発表された為そこから予測される姿
を描いたが、その後デザインが変更された為今後もこの様な景観にはならない。

(「ある幻想の未来 下巻」作品紹介より)







Categories: