"TOKYO METROPORITAN GOVERNMENT BUILDING"
Acrylic on Canvas
727x555mm 2010年
第7回世界絵画大賞展ターナー色彩賞受賞作品




都庁円形広場で魚眼レンズを構える人は少なくない。魚眼はレンズの中心を通らない全ての直線を曲線に置き換える。ところが本作品では第一本庁舎の下層部や第一生命ビルを除き殆どの水平ラインが直線で構成されている。円形回廊の垂直のラインも直線のみで構成されている。つまり擬似的な魚眼風構図なのである。
この作品は途中で構図変更をしたため、P20号でもF20号でもない特寸サイズとなっている。
  
鉄骨の配置は建設時の写真や航空写真、フロア図面を参考にして、極力現物に準拠している。
東京都庁舎第一及び第二庁舎はスーパーストラクチャー構造を採用したS造になっている。
第一庁舎躯体左上に露出しているKブレースの連なりがスーパー柱であり、ボックス柱4本をブレースで束ねている。これらが10フロアごとにスーパー梁で水平方向にも束ねられる事で、高い剛性と広い無柱空間を確保している。

外壁は高橋カーテンウォール社製のPCカーテンウォール。
プレキャストコンクリートであるため脱落だけでなくクラックも生じる。

書かなければ誰も気付きそうにないが実は作画ミスがあって、渡り廊下の窓の数をカーテンウォール1スパン分間違えて少なくなっている。お暇な方は探し当てて下さい。









Categories: