"Pan American Transportation"
910x727mm
Acrylic on Canvas
2017


ギャラリータグボート主催タグボートアートアワード2018
準グランプリ授賞作品


作品構想は95年頃からあるが、当時は技術が未熟で具現化できなかった。アクリル画としては2011年にF20号で製作が開始されたものの作品集の作業を優先する為中断となった。その後構図をスケールアップし2016年よりF30号で製作を開始。途中複数の小品製作を挟んで2017年に完成した。

魚眼レンズのような歪曲のある構図だが垂直方向のみに歪曲があり水平方向はすべて直線になっている。歪曲線の左右誤差の手直しやライティングを左から右に変更したりしたため労作となった。周辺の高層ビルは演出として高く描かれている。ビルの数は"WSS"や"BRDG"より少なく大きい為、密度に余裕があると判断し中粗めの亜麻キャンバスを支持体とし、セミフローティング(フローティングキャンバス用木枠ではない通常の木枠を使用して側面にも描画する絵画の個人的な呼称)仕様とした。

向かって右のビルの窓にサインを入れてある。

Categories: